読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

ジュディス・スコット Judith Scott


ニューヨークのブルックリン・ミュージアム (Brooklyn Museum) にてジュディス・スコット (Judith Scott,1943-2005) さんの展覧会が開催中です(2015年3月29日まで)ニューヨークは「ボロー」と呼ばれる区に分かれていて、ブルックリンはその1つ。雑誌フィガロとかポパイなんかでニューヨークが特集される時は、「今ブルックリンが熱い!」みたいな感じで特集されることの多い、アートに溢れたエリアです。

ジュディスさんは
生前、カリフォルにあるクリエイティブ・グロウス という障害のあるアーティストを支援するNPO団体に所属し、作品を制作していました。というのも、彼女はダウン症を患い、さらに耳が聞こえずしゃべることもままなかった為、施設に通っていたのでした。

ダウン症で耳も聞こえなくて話せない、、まるでヘレン・ケラーを思いますが、そんな背景から
「アウトサイダー・アートやアール・ブリュット」という「正規の教育を受けていないアーティスト」と呼ばれてもいます。

ところが実際彼女はコンテンポラリー(現代)・アーティストとして知られているんです。まさに作品が本当に素晴らしかったことと、施設側のアプローチ「障害者のアートじゃなくて、普通のアーティストなんです」という姿勢が実った事例なんだと思います。
 

 
ジュディスさんの手法は、とにかく身の回りにあるものを糸やホース等で、ひたすらと結ぶ・結ぶ・くるむ・結ぶ・・・・・。出来上がった作品の織物のような色合いと存在感には驚きます。さらに、作品が一斉に並べられた時の景色は壮観!の一言。




エントランスホール



会場の様子

 


ジュディスさんが初めて制作した、記念すべき作品



そして、ジュディスさんの遺作となった最後の未完成作品



布の切れ端で作られた作品




ポリタンクのようなものが巻き込まれている



延々と大声でおしゃべりしていた観覧者が、会場にはいったら黙りこんで熱中



壁に掛けられた横1.5メートル幅くらいの作品



ぐっと寄ってみた



集合することで発生する何かがみえる



本人談:インスタグラムにアップ中



ミュージアムショップにはオシャレなカタログが!



この作品が好きでした。



マグネットとポストカード購入

 





展覧会の様子はニューヨーク・・タイムズにも取り上げられていました。The New York Times  

障害があるとかないとか関係なく、いいものが大きな美術館でどんどん取り上げられていけばいいな、と思っています。