アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

カーネギーホールで辻井伸行さんのピアノ。ニューヨーク講演!

11月10日、カーネギーホールにて、辻井伸行さんのピアノの演奏会がありました。今回はアートネタではないのですが、障害と天才というキーワードで。

msnの産経ニュースオンラインでの記事をはりつけておきます。

 

スタンディングオベーションと鳴り止まない拍手、気持ちよさそうでした。人はやっぱり認められたいとか、ほめられたい、もてたい、とか、存在をわかってほしいという欲求があるもんね。

 

学校の先生時代に出会った生徒の一人を思い出しました。ピアノ弾けるなんて全然知らなかったのですが、突然「菊次郎の夏」をすごい勢いで引き始めて、周りがびっくり。音符は読めないのだけど、どこかのお姉さんが弾いているのを聞いて覚えたとか。天才に出会うと心が震えます。

 

会場では、観客にアメリカ人がとても多かったことも印象的。というのも、ニューヨークは本当にたくさんの日本人がいて、日系の会社もたくさんあります。なので、日本の芸能人がやってきて、ニューヨークでイベントをしたのを日本の報道では、「アメリカ人絶賛」としたりするのですが、え、会場にアメリカ人いたの???ということはしょっちゅうです。お金払ってアメリカ人を前列のほうに並べたりします。

それを含み見たとしても、日本人じゃない率が高かった。嬉しい気持ちになりました。

また、金髪のジェニーという曲のアレンジ曲?を演奏していて、これには私の周りに座っていた方たちが、「ああ」と声をだして聞いていました。金髪のジェニーって、これ。

http://youtu.be/70CFIyoXge0

 

私はラヴェルが好きなので、それが聞けたのも嬉しかったです。