読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

ミッソーニ missoniと 障害者によるアート!と アウトサイダーアート!

ロンドンにあるアウトサイダーアートや障害のあるアーティスト専門の美術館ミュージアム・オブ・エブリシンング Museum of Everythingが、ファッションブランド ミッソーニ missoniの最新ファッションキャンペーンで使われました。

 

写真はニューヨークタイムズ NY Times より

$アメリカ ぷるぷるアート観光

 

モデルたちの背景が、その美術館。ちなみに、一番右にいるのがニューヨーク在住のミッソーニの創業者の孫、女優でモデルのミッソーニのミューズ、マルガリータ・ミッソーニさん(Margherita Missoni)。かわいいですね。

 

$アメリカ ぷるぷるアート観光今回のコラボレーションが始まったきっかけは(このきっかけが一番気になるところです)ミッソーニファミリーのクリエイティブ・ディレクターである、アンジェラさん(Angela Missoni)が、「2011のスプリングコレクション」のキャンペーンに、ピーター・ブレイクさん(Peter Blake)を起用することから始まりました。(写真左:NY timesより)

ちなみに、ピーターさんはビートルズのサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band)のカバーを制作したことで有名な方。下の写真、みたことありますかね。

 

 

 

$アメリカ ぷるぷるアート観光

 

そして、なぜそれとアウトサイダーアートが結びつくのかというと、実は彼はミュージアムオブエブリシングに多大な貢献をしているのです。それが、今回の運びとなったそう。アンジェラさんは、ミッソーニのイメージとこの美術館の雰囲気に、大変シンパシーを感じたとか。

 

以前書いた、ボルチモアのビジョナリーアートミュージアムといい、こういった協力者がアートを残していくには必要なんですね。今回このミュージアムは多くのメディアに取り上げられ、その効果は計り知れません。アウトサイダーアートが有名になるには、まだ一歩、かもしれないけれど、大きな進展。

 私も自分のビジネスをどんどん成功させて、そういう存在になれたらと強く思います。なるべく早く、なりたいなあ。

 こちらはそのミッソーニのスプリングコレクション。キャンペーンの写真。vogue Italyのサイトより。

 

$アメリカ ぷるぷるアート観光

あ! このモデルの女の子、誰でしょう?答え、ゴシップガール(Gossip Girl)のレイトン・ミースターさん(Leighton Meester) 主人公の親友役のブレアですね。

 

こんなメジャーなものにアウトサイダーアートが。。このニュースをみて、涙が出そうになりながら、早速実物ヴォーグを手に入れるべく、本屋さんへ!アメリカで本屋といえば、たいがいバーンズ&ノーブルです。こんなに興奮して本屋にいくのはいつぶりか。バーンズ&ノーブル到着!

 

アメリカ ぷるぷるアート観光

 

vogueの棚へ

 

アメリカ ぷるぷるアート観光

 

イタリア イタリア。。。

 

 

アメリカ ぷるぷるアート観光

 

これは、ヴォーグ paris。。。

まだ、 なかった・・・がく。