アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

Carlo Zinelli と元生物学者Eugen Gabritschevskyの展覧会

f:id:artinamerica:20170805131224j:plain

Carlo Zinelli (1916–1974) と Eugen Gabritschevsky (1893 – 1979)  の展覧会がアメリカン・フォークアート・ミュージアムで開催されていました。この美術館は以前モマの隣のビル1棟まるまる使用して貴重な収蔵品を贅沢に展示していました、現在はリンカーンセンター付近の会場のみ展示をしています(ご参考:さよならフォークアートミュージアム)。以前と比較すると場所は狭くなったものの、彼らのバックボーンは健在で、毎回その展覧会のクオリティの高さと支援層の厚さ、いや、その「熱さ」を見せつけてくれます。

f:id:artinamerica:20170804143828j:plain

f:id:artinamerica:20170805025625j:plain

Carlo Zinelliの作品は、4つの時代と特徴に分けられています。Carloの作品がこうした回顧展で開催されるのはアメリカでは初めてのこと。アメリカ国内外のプライベートコレクターや、ローザンヌのアール・ブリュットコレクションなどの美術館の協力によって実現しました。

f:id:artinamerica:20170805051646p:plain
http://www.carlozinelli100.it/ より。イタリア語のサイトですが、彼の写真や作品を多く見ることができます。

カルロについてはHyperallergicでエドワード・ゴメズ(Edward Gomez) 氏が素晴らしい記事を寄稿しているので、興味のある方は読まれると良いかと。そこからカルロの略歴を抜粋して訳すと、

シュルレアリストのリーダーだったアンドレ・ブルトンらと活動を共にしていたことのあるジャン・デュビュッフェが見出した、カルロ・ツィネリ。イタリアで1916年に生まれたカルロは2歳の時に母親をなくし、小児労働者として農場に送られます。その後に畜殺場でブッチャーとして働き、1936年までに兵役も済ませます。経緯は不確かですが、スペインで独裁者フランシスコ・フランコへの反対運動に参加。しかしすぐに統合失調症を発症し、精神障害の兆候が現れてイタリアに戻り、精神病院へ入ることになります。その病院の庭の壁に絵を描き始めたのが、彼の絵画制作の始まりでした。1974年、57歳で他界するまでに1900点以上の作品を残しました。

f:id:artinamerica:20170805062350p:plainhttp://www.carlozinelli100.it/ より

カルロの作品には人、鳥、車などの左向きのモチーフが4つずつ描かれることが多いのですが、精神科医の記録によると、実生活においてもタバコとマッチを4つずつ要求したり、鍵を4回閉めたり、また同じ言葉を4度繰り返すなど、「4」に執着していたようです。

会場の様子。

Carloの作品自体の魅力は認めつつも、あまり個人的には縁を感じていなかったのですが、アウトサイダー・アートフェアなどでもなかなか出展されることのないような冒頭の作品をみて、その印象も変わりました。記号的なモチーフの反復がなく、対象を丁寧に描いていて、彼の大切な宝箱を開けて見てしまったような気持ちになります。 

この動画「Turning the Art World Inside Out」の2分頃から、Carloについてのドキュメンタリーになっていておすすめです。ちなみにこの動画、冒頭から始まるインタビュー群では、アウトサイダー・アート等を扱う随一の雑誌Raw Vision (週1発行のメールマガジンは読み応えがあるのでおすすめ)を立ち上げたJohn Maizels、アーティストのJoe Coleman (作品のユニークさ、本人の時代を超越した貴族感は特別の趣がある)、数字に取り憑かれた男George Widener 、ボルチモアにあるAmerican Visionary Art Museum (AVAM) のファウンダー&ディレクターRebecca Alban Hoffberger、ベネツィア・ビエンナーレでアウトサイダー・アートを取り上げたMassimiliano Gioni(日本からは大竹伸朗の作品が紹介されたThe Keeper at New Museumも彼による展覧会)、The New York Times の共同チーフ批評家のRoberta SmithAmerican Folk Art Museumのプレジデントでご自身もコレクターであるMonty Blanchard(見よ、彼の自宅の壁)、ロンドンのMuseum of EverythingのファウンダーJames Brett、Art Brutという概念・言葉を作った故Jean Dubuffet, このジャンルの草分け的ギャラリーであるRicco Maresca Galleryを運営する Frank Maresca、ベネツィアビエンナーレで作品が展示された澤田真一、日本の障害者施設、書ききれないほどの日本・ヨーロッパ・アメリカのアウトサイダーアートに関わる人物たちが勢揃い。まるでアヴェンジャーズ・ワールドワイド編のような動画です。

 

f:id:artinamerica:20170805063519j:plain

こちらは Eugen Gabritschevsky (1893 - 1979) の作品。あまり知られていないEugenの作品がまとめて展示されたのは、アメリカでは初めてのこと。Eugenの作品のアクの強さは、Calroの作品の余韻が飛んでしまうほどでした。展示場に足を踏み入れた途端、独特の秘めたニオイと力を肌で感じました。

f:id:artinamerica:20170821085451j:plain

Eugenはモスクワの細菌学者の父親の元に生まれました。特に昆虫に深い興味を持っていた彼は生物学者として「光線が及ぼす蝶の蛹の配色の影響」について研究をします。そして1925年にはニューヨークの名門・コロンビア大学で奨学金を得て、ノーベル賞を受賞したThmas Hunt Morganの元でポスドクとして研究を続けたのち、パリに移住し、遺伝子の突然変異を起こした昆虫についての論文に取り掛かります。

ところが1931年に精神病の症状が悪化し、ドイツの精神病院に入院することになりました。彼が38歳の時でした。それから残りの人生のほぼ全ての時間、およそ50年間ほどを、彼はその精神病院で過ごし、ガッシュ・ドローイング・水彩を含めて3000点以上のアート作品を残します。

f:id:artinamerica:20170821085540j:plain

作品初期の頃はアカデミックな調子でしたが、症状が進むにつれ次第にその質感が変わり、幽霊とも怪物ともつかぬシルエットの生き物を描くようになりました。

f:id:artinamerica:20170821105652p:plain

f:id:artinamerica:20170821105821p:plain

本展のキューレーターであるValérie Rousseauは「彼のアートは、彼自身が書き残した言葉、”way of transcending distress at the finiteness of scientific knowlegde."  サイエンスの知識の有限性における苦しみを超越する方法 とも読み取ることができる」と紹介しています。
キュレーターのValérieはアメリカン・フォークアート・ミュージアムのセルフトート・アートを中心とした専門キュレーターです。またアウトサイダーアートフェアを買収したAndrew Edlinのパートナーでもあり、夫婦ともにこのジャンルとマーケットの発展、発掘、研究そして保存活動に尽力されています。

f:id:artinamerica:20170821102254p:plain

右上の作品、雲のように定まらない形のピンク色の顔をみた時に、フランスの文学作家ジョルジュ・サンドの「ばら色の雲」と言う本のフレーズが頭に浮かびました。(児童文学として翻訳されたのですが、もう絶版になってしまったようなので、他のサイトから文章をコピーさせていただきました。)

「いいかい、おまえに教えておくが、わたしはずっとむかしに、わたしのばらいろの雲をつむいでしまったのだよ。ばらいろの雲は、わたしのでき心、わたしの気まぐれ、いわばわたしの不運のことです。わたしはそれをじぶんのつむ竿にかけたのだよ。仕事が、美しいりっぱな仕事が、わたしのかたきを細い細い糸に仕上げ、もはやかたきをかたきと感じないほどになりました。おまえもわたしとおなじようになればいいのだよ。雲が心の中を通りすぎるのを防ぐことは、おまえにはできないけれど、勇気をたくさん、たくわえておけばいいのさ。雲をつかまえて、すいてやるがいい。つむいで、つむいで、おまえのまわりにも、おまえの胸の中にも、嵐を起こすことができないようにしてやるのさ。」

http://d.hatena.ne.jp/emau/20070713

Eugenなりの雲の紡ぎ方だったのかもしれません。

 

f:id:artinamerica:20170821094022p:plain

f:id:artinamerica:20170821085606j:plain

f:id:artinamerica:20170821085654j:plain

f:id:artinamerica:20170821085826j:plain

 

この展覧会のオープニングのキュレーターによる解説とディスカションが見られます。

vimeo.com