読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

1分で学ぶアート豆知識。レンタル料1070万円のアートフェアのブース。他。

f:id:artinamerica:20160822133312j:plain

アートネット(artnet)は、世界中のアートマーケットやアートオークション情報からエキシビジョンを確認できる情報サイト。ここで先日投稿されたブライアン・ブッシェ Brianboucherさんによる記事「How Well Do You Know Art Fairs? Take our Quiz! ーアートフェアのことどれだけ知ってるかクイズ!」から要点ご紹介。英語でそのままいける人は、こちら artnet からどうぞ。

 

・2005年に世界のアートフェア総数は約68ブースだったが、現在は

約270のフェアがある。


・世界でもトップクラスのアートフェア、アーモリー・ショーニューヨーク。最小ブースの賃貸料は135万円。(全4日間で)


・アーモリーショー今年最大のブース賃貸料は775万円。


・同様に世界最大のアートフェアの1つアートバーゼルマイアミでの最大ブース賃貸料は 約1070万円(2014)。

・アートディーラーの年間収入の40%がアートフェアの売上(TEFAF発表)。

・アーモリー・ショーにある、購入見込み客のためのプライベートルーム。VIP用初日は、その1組の客を対応するためのプレビュールームの1時間のレンタル料は10万円。2時間になれば20万。

 

 

いかがでしょうか。アートフェアってこの10年でこんなに増えていたんですね。ちょっとびっくりです。

ちょっとバブリーな側面をご紹介したわけですが、アートフェアが増えている分、フェアも多様化していますので、アートを身近に楽しむチャンスが増えた!と考えられますね。

そもそも「アートフェア」と聞いただけで、関係ないという方もいますが、ちょっと気が向いたら足をむけて見てください。新しい世界が広がったりするものですよ。

 

色んなアートフェアのご紹介もしていますので、こちらからどうぞー

www.amepuru.com

 

沢山の皆様に読んで頂いている記事:

仏・独テレビ番組「アルテ (arte) -狂気が常軌を逸したアートになる時」草間彌生、ジョージ・ワイドナーから欧州の障害のある作家を紹介

展覧会レポ「The Keeper ザ・キーパー」テディベアと3000枚の秘蔵写真。ナチス、同性愛、神智・幾何学、自然の神秘まで、20世紀の裏歴史とその収集記録@ニューミュージアム

障がい者でも犯罪者でもみんな、絵を描くのは、調和をめざしているのかもしれない

 

路上で発見系のアーティスト:

孤高の飛行機製図技師、チャールズ・デルショー

天才サヴァン症候群画家、グレゴリー・ブラックストック

伝説の妄想ソウルシンガー ミンガリング・マイク 

 

ラインで更新情報のお知らせを受け取る

Add Friend

この友だち追加をすると、アメリカぷるぷる観光のキャラクター山倉くんと友達になります。更新情報プラス、色々つぶやいています。

 

f:id:artinamerica:20160824093755j:plain ← 山倉くん。

 

こんな感じでたまーに呟いています。

 

f:id:artinamerica:20160824094156p:plain