読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

ブルックリンLOVE ブルックリンミュージアムのミュージアムショップ

 

先日ニューヨークの「ブルックリン・ミュージアム」で行われた、自閉症を患い盲目でありながら、現代アーティストとして有名になったジュディス・スコット(Judith Scott) さんの展示をご紹介しました。その後ミュージアムショップへ。ミュージアムショップはアートとグッズのコラボ商品が沢山あるので、日々アートを広めようと活動している私としては見逃せないスポットです。

さて、ブルックリンというのはニューヨークの中の1つの区の名前ですが、ブルックリンの人はびっくりするくらいブルックリンのことが大好きです。ブルックリン在住の人に「どこから来たの?」と聞くチャンスがあった時、相手が「I'm from Brooklyn (ブルックリンだよ)」と誇らしげに言っているように見えたとしたら、それは多分勘違いじゃないです。

ブルックリンと書いたTシャツを着ている人なんてしょっちゅう歩いている位です。「New York」と書いているよりも、何故か見た目もおしゃれな感じになるからでしょうかね。東京で文京区とか書いたTシャツの人とかあんまり見たことないですよね。

それでは地元愛に溢れたミュージアムショップをお楽しみ下さい。

 

ブルックリンコーナー

 

ブルックリンコーナー2

ブルックリンクッション

ブルックリンTシャツ

特大ブルックリンマグカップ

地球の歩き方・るるぶ・フィガロ等のガイドブックにもよく載ってるモーリスキッチンのシロップ

何故か日本のこけしが並ぶ横に、これまたニューヨークのお土産の代表格、マストブラザーズの板チョコ

極めつけなのは、この・・・・

ブルックリンのエリアの形のクッキー型(笑)どんだけ好きなんだ

ジュディス・スコットさんの作品がクッションになった物。アート×テキスタイルは相性◎ですね

 

130ドル(1万5千円)。結構いい値段。。

アウトサイダー・アート好きにはたまらない書籍等も


こんなおしゃれなゴム手袋買ってしまいましたー