読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

ポコラート全国公募展 vol.4 全応募作品一挙公開!!

 ©アートnosvis


先日お伝えしていた、アーツ千代田3331で募集されていた、ポコラート全国公募展 vol.4の、全応募作品一挙公開!!が現在行われているようですね。障がいの有無や年齢、展覧会歴などにとらわれることなく、"表現"や "創造性"の部分で参加者同士が影響し合うことを理念とした展覧会です。

2013年9月21日(土)~9月23日まで。
http://www.3331.jp/schedule/002120.html

日本は連休だそうなので、人の入りもいいでしょうね。

 

今回は、1,000点以上の応募の中から選ばれた絵画や彫刻、テキスタイル、貼り絵、写真など214作品を一堂に展示します。

出展者は3歳から83歳まで年齢も幅広く、制作を始めたきっかけや創作活動を続ける環境もさまざまです。福祉や表現、美術というボーダーを超えて、内側から沸き起こる"つくりたい"という強い思いによって生み出された作品の数々。その純粋なエネルギーを、ぜひ会場で感じてください。

【トークイベント】
◎12月15日(土)14:00-16:00「アーティスト・トーク」
会場内を巡りながら、各作品についてや制作エピソードを直接作家から聞ける貴重な機会です。

◎2013年1月14日(月・祝)14:00-17:00「審査員によるトーク『福祉×表現×美術×魂』」
第一部&第二部パネリスト:大月ヒロ子、福住廉、藤浩志、保坂健二朗、ロジャー・マクドナルド、中村政人

◎2013年1月19日(土)13:30-14:30「ギャラリー・トーク」
ポコラート担当スタッフが、審査の様子や制作のエピソードを交えながら、展示中の作品を解説します。

【ワークショップ】
2人1組でサポートし合いながら、交互にアイマスクをつけて作品をつくったり、
音楽にあわせて絵を描いたり。全国的に見ても例の少ない"ワークショップの公募"
に寄せられた多数の企画の中から、4つのワークショップを開催します!

▶トークイベントとワークショップの詳細やお申込方法はコチラ!
→ http://www.3331.jp/schedule/001763.html

▶アーツ千代田 3331 千代田シニアワークショップ
3331きりがみ会 作品発表展「それぞれの人、それぞれの紙」同時開催!
→ http://www.3331.jp/schedule/001775.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ポコラート全国公募展 vol.3
●会期:12月14日(金)~2013年1月20日(日)
●時間:12:00-19:00(※12月28日・金は17:00まで)
●休場:火曜、12月29日(土)~2013年1月4日(金)
●会場:1階 メインギャラリー
●料金:一般=500円/千代田区民、65歳以上の方=300円/
    中学生以下、障害者手帳をご提示の方とその付添者1名=無料
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


一度会場にいったことがあるのですが、もともと小学校というだけあって、とにかく会場がゆったりとしていて、開放感があり、作品がよく映えます。さらに別の階でも色んなギャラリーやグッズ売り場などあったりして、ゆっくり1日過ごせる所です!

アートnosvisというサイトで、何点か写真を発見しました。

 

会場、四方の壁が真っ白。もし何もなかったら、クワイエットルームにようこそですね・・。

 

左方の左下の、淡い木の枠の絵がきになります。

近づいて見てみたい。

 

 わ。


手前にあるのが大迫力ですが、
奥にある黒いカニみたいな絵が良さそうです。