読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

実は結構活動している、空港のギャラリー

空港のギャラリーやミュージアムって、以外に華やかだったりします。特に、大きな空港だったり、バケーション先になるような空港は、ゆったりとアートが飾ってあっていいですよね。空港の各ラウンジにも、壁狭しというくらい、絵がかけてあります。

$アメリカ ぷるぷるアート観光

Airports with Art Galleries Around the World

世界のアートギャラリーのある空港

 

という記事も発見。空港でkilling time(時間を潰す)ならここ!と、スコットランドのエジンバラ(Edinburgh)、オランダのアムステルダム(Amsterdam)、北(Beijing)、シンガポール(Singapore)。アメリカはフロリダのジャクソンビル(Jacksonville)、サンフランシスコ(San Francisco)、アトランタ( Atlanta)を紹しています。

 

フロリダとサンフランシスコが楽しそう~。

 

空港は人がたくさん集まるし、待ち時間も長いところ。アートを飾るには、格好の場所ですね。空港を良く利用する客層とアートは相性がいいように思います。また、普段そんなにアートに興味のない人にも、あまりの時間の持て余しに、たまたま絵に注目しもらうチャンスもあります!

 

ちなみに。。アメリカの国内線は、「ほぼ」飛行機が遅れるので、2,3時間遅れなんて、ざら。その待ち時間のために、壁の電源プラグに群がる人たちをよく見かけます。アメリカ国内で乗り継ぎをされる方は、飛行機の遅れは大幅に考慮したほうがいいですよ。

 

わたくし、先日初めてナイアガラの滝を見に行きました。ッファローというど田舎空港なのですが、そんなど田舎空港にも小さなアート魂を見つけました。トイレに行くと、

 

$アメリカ ぷるぷるアート観光

 

 あ!ジャスパー・ジョーンズ(Jasper johns)のポスターが。

 

$アメリカ ぷるぷるアート観光

 

そのポスターよく見ると(見えるかな?)

 

$アメリカ ぷるぷるアート観光

 

Albright-knox Art Gallery Buffalo

と書いてあります。

地元のアートギャラリーなんですね。ウェブサイトを覗くと、エデュケーションプログアムなどが充実しているのが見られます。

 

今回は障害者、アートの話ではありませんが、そもそもアートというものが底上げされることが大事です。アウトサイダーアートと声高にいう必要もありませんし、こういうブログも書いていこうかな、と思います。

 

番外編ということで、私が空港で食べた名物のバッファローウィングスを。

$アメリカ ぷるぷるアート観光

 

おいしかったーー