読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカぷるぷるアート観光 Altruart in America

ニューヨークより心が震えるアートの紹介。障害とアート/アウトサイダーアート/アールブリュット/現代アート/NPO団体/アートフェア/美術館/おもしろグッズ etc.

ニューヨークの美容室でアウトサイダーアート展。ミチサロン(Michi Beauty Salon)

アメリカ ぷるぷるアート観光

アメリカ ぷるぷるアート観光

 

アメリカ ぷるぷるアート観光ミチビューティーサロン(Michi Beauty Salon)

というマンハッタンにある美容室にお伺いしました。

なぜ美容室か?というと、実はここはギャラリーとしての機能もあり、そこで日本人で障害のあるアーティストの作家の展示会をしているのです。$アメリカ ぷるぷるアート観光ところで、Tsunamiという名前に一瞬驚きますが、地震があるまでは、Tsunami自体が悪い意味をもっていたわけではありません。

早食い、大食い選手権で日本とアメリカで有名人の小林尊さんは、こちらではツナミイーターと言われていたくらい。このツナミという言葉が、キモノやスシのように「日本」をイメージする単語なのです。

 

ということで、普段は美容室として営業をしているので、リラックスするお客さんを横目にサロンに入ります。すると、ありましたありました。

鮮やかで強い色使いが目に飛び込んできました。

瀬戸淳太さんは、知的に障害のある方へのサービスを提供する大阪の「社会福祉法人 いずみさつき会 やよい園」のアーティストです。$アメリカ ぷるぷるアート観光最近、日本では「障害者によるアート」が非常に注目されているので、まさに、これからどんどん活躍の場を広げられるチャンスだと思います。アーティストやNPOの方もアメリカやヨーロッパに作品を送り出すことにとても積極的になっていますし。

私はニューヨークにいるという利点から、何かお手伝いができたらいいなと思います。

 

真っ白な壁に飾られた瀬戸さんの絵。本人の思いががにじみ出ているような、鮮烈で力強いタッチに目を奪われます。

$アメリカ ぷるぷるアート観光

作品は動物を描いたものが多いです。大阪だから、天王寺動物園など行ったりするのかしら、と、想像しながら鑑賞していると、サロンのオーナー、ミチさんがやってきました。

「その一番一番左にある作品は何を描いていると思う?」

上の写真の左端にある作品です。

動物が並んでいたので、これも猛禽類の類だろうと思って、

「ふくろうですか?」と答えると、

「実は、はさみなのよ」とのこと。

 

瀬戸さん、普段は全く人のオーダーに応じて絵を描くようなタイプではないらしいのですが、今回NYで展覧会をやると聞いて、ある日急に作品を作ったのだそうです。

なにが驚きかというと、美容室で展覧会をやるということを、施設の方々は一切本人には言っていなかったのに、なぜか突然彼の作品のモチーフがはさみの絵だったのだそうです。これには施設の方も、ミチさんもとてお驚いたそうです。

 

$アメリカ ぷるぷるアート観光

私が一番気にいった作品。

背景の白と動物の色あいがたまりません。おうちに飾りたくなります。

残念ながら?売約済み!

 

$アメリカ ぷるぷるアート観光サロンの待合場所においてあったノートを何気に広げてみていると、なんと、デヴィ・スカルノ夫人のコメントとサインが!

NYで生活していると、意外に出くわす有名人や著名人は多いのです。

ニューヨークならではですね。

日本では話すような機会がなくても、アメリカだとどなたも気さくな方が多かったりもします。

$アメリカ ぷるぷるアート観光

 

 

 

こちらは、二人展の瀬戸さんの相方。

やよい園のやよいさんの作品です。

深い海、くらげ、光、闇、すべてが何か今生きていることを感じているような作品に思えました。

次回大阪にいった際にはお伺いしたい施設です!

 

 

 

 

やよい園では6月の26日(日)~7月10日(日)に「VISQ(ビスキュ)」でグループ展を行います。

$アメリカ ぷるぷるアート観光

 

 

場所

大阪市西区立売堀4-7-25

06-6531-6210

http://www.visq.com

時間

11:30~20:00

 

これは見ごたえありそうです!関西の方はぜひ!